メーカーで選ぶ新車の選び方(国産車編)

新車の選び方には、メーカーで選ぶ人も多いと思います。
代々トヨタを乗り継いできたとか、自分は日産党だとか、
そのメーカーのスタイルや車作りに共感して、買うわけです。
現在国産車メーカーはトヨタ、日産、ホンダ、スバル、三菱、マツダ、ダイハツ、スズキがあります。
主力メーカーのそれぞれの特徴をみてみましょう。

・トヨタ
日本車最大のメーカーであるばかりか、世界でもトップメーカーです。
スバルやダイハツなどのグループ企業を含めると、生産台数では、世界でもベスト3に入ります。
開発費の段階から十分なコストをかけ、高品質な車作りがトヨタ車の人気魅力です。
資金力のない他のメーカでは、トヨタと同レベルの品質を確保することは難しいことから、
トヨタにはない個性を全面に押し出すほかありません。
トヨタでユニークなのは、軽自動車を生産していないことです。
また、ハイブリッド車のプリウスを発売するなど、
環境問題でも世界のメーカーをリードし、トヨタのイメージを大きく向上させています。

GOAボディやVSCを早くから採用し安全性も高く、バランスのとれた車作りをするために、
多くの層から指示を得ています。その反面80点主義で個性がないと言われたこともありますが、
逆に言えば、それは他のメーカーがトヨタにはない個性を出すしか生き残れなかったということでもあります。
実際、トヨタが個性がないわけではありません。
先のハイブリットを世界に先駆けて発売したり、
レクサスブランドを立ち上げ、高級車の世界でも驚異の静粛性や乗り心地を実現しています。

・日産
日産はルノーと提携し、カルロスゴーン社長になってから、売り上げも挽回することに成功し、
トヨタに次ぐ日本車メーカーです。軽自動車を含めた台数ではホンダと2位争いを繰り広げています。
スカイラインやフェアレディZなど、古くから愛される個性的な車もあります。
トヨタ車ほど乗り心地にふらず、本田やマツダごどスポーティにもふらず、
乗り心地と足回りのバランスが程よい味付けが特徴です。車作りもしっかりしています。
近年世界のメーカーが開発競争を繰り広げているハイブリット車は開発せず、
さらに先を見据えた電気自動車の分野で勝負をかけています。
日産軽自動車を生産していませんが、三菱やスズキからOEM供給を受けることで販売しています。
・ホンダ
ホンダといえば、創設者の本田宗一郎の意思が色濃く反映されたメーカーで、
もともとはバイクメーカーからスタートしています。
F1などのモータースポーツで実績をあげ、高性能なエンジンには定評があります。
また、軽自動車のライフからレジェンドまで幅広い車種を揃えていますが、
商用車はほとんどラインナップしていません。
スポーツイメージの強いホンダですが、オデッセイやフィットなど大衆車でも人気車を出し、
トヨタに続いてハイブリット車インサイトを投入しています。

・マツダ
世界唯一のロータリーエンジンのRX7や世界的ヒットとなったロードスター、
また古くはファミリアなど数々のヒット車を生み出しましたが、
最近の若者のスポーツカー離れなどもあって、苦戦をしいられています。
セダン系のモデルはスポーティな味付けがなされていて、専門家の評価は高いようです。

・スバル
スバルはもともと航空機メーカーとして始まったメーカーです。
ポルシェと同じ水平対向エンジンを積み、4WDの性能は大変高く、通好みのところがあります。
スバル360という独自性を持った軽自動車を日本中でヒットさせたこともあります。

・三菱
元三菱重工業から始まった長い歴史を持つメーカーです。
パジェロなどオフロード車では有名です。しかし、バブル崩壊後は経営不振が続き、
2004年に起きたリコール隠しは、さらに経営を圧迫することになりました。